東京で永代供養をするメリット

人が亡くなるとその遺族や親族などの故人とごく近しい間柄であった人たちが、供養をするためにお墓を建てることになります。
建てられたお墓には個人の遺骨が埋葬されて子孫が代々お墓を守り、供養を続けていくかたちになります。

しかし、お墓を管理するということは思いのほか労力を要するもので、それに加えてお墓を維持していくためには様々な名目の費用が掛かってきます。
たとえば、現在居住している土地から離れた遠隔地にお墓があるような場合、お墓参りをするために遠出をする必要がありますし、交通費も決して無視することができない金額となります。
また、高齢者の場合にはお墓参りのために遠出をするだけの体力がないというケースもあります。

そのため、近年では従来のようなお墓のスタイルではない、永代供養というスタイルを選択する家庭も増えています。
永代供養のメリットとしては、お墓を管理、維持するための費用が安いという点を挙げることができますが、それ以外にもわざわざ遠隔地のお墓まで遠出をせずにお参りができるという利点もあります。
たとえば、東京に住んでいる人が東北や九州などのお墓に出向くには時間と費用が掛かりますが、地元である東京で永代供養をしてもらえばお墓参りに費やす労力や費用を抑えることができるのです。
また、永代供養のお墓では仮にお墓参りをしてくれる後継者がいない場合でも、お寺が責任を持ってお墓の管理や供養をしてくれるので安心です。
東京の永代供養墓も増えているので、興味がある場合には一度、資料の請求や実際に見学するなどをしてみてはいかがでしょうか。

東京の便利な所で永代供養をする際は納骨堂がおすすめ

東京は人口が多くて地価が高いという特徴があります。
このため、新たにお墓を立てる場合には高額の費用がかかります。
東京都内で地方と同じくらいの費用でお墓を購入する場合は、都心部からかなり離れた不便な場所を選ぶか、民営霊園で30~50cm四方の非常に狭い区画を購入しなければなりません。

東京ではお墓が非常に高価で数が不足しているため、限られたスペースで永代供養ができる納骨堂が人気を集めています。
最近は都心の一等地にビル型の納骨堂が建てられるケースがあります。
納骨堂を利用すれば永代供養料が数十万円~百万円程度とお墓よりも安価ですし、便利な場所にあるのでいつでもお参りに訪れることができます。
施設内には参拝用のスペースの他に、休憩所が設置されている所もあります。

東京の納骨堂には従来型のロッカー式や仏壇型の納骨堂の他に、立体駐車場のように機械式の施設もあります。
機械式の施設の場合、利用者がカードを挿入すると自動的にその人の骨壺が参拝所に運ばれて来ます。
お参りが済んだら骨壺は自動的に元の場所に収納される仕組みです。
納骨堂を利用する際も年間の管理費を支払う必要がありますが、一般的な墓地よりも安めに設定されています。
ほとんどの施設では33回忌まで利用できますが、一部の施設では50年間にわたり利用し続けることができます。
一定期間が過ぎると合同供養塔などに改葬されますが、遺族が希望すれば遺骨を引き取ることもできます。

東京では常に新しい納骨堂が生まれます

納骨堂は基本的に屋内型のお墓となり、やはり東京といった大都会では様々な理由で浸透しています。
先祖代々のお墓があるのであればまだしも、新しくお墓を作る場合では墓石の価格はもちろん、土地を取得することにも苦労するのが都会であり、また様々な考え方を持つ方が多いのも特徴ですから、従来のスタイルにとらわれない埋葬方法が生み出されるのです。
納骨堂自体は一時的な遺骨の保管場所として古くから使用されていましたが、近年は永年供養される施設として変化しており、全国にその流れは広がっています。
そして大都会である東京では常に新しいスタイルの納骨堂が誕生しており、現在では様々なものを選ぶことができるのです。

一般的なものではコインロッカー式のように小さな壇がいくつも並べられているものがあるのですが、人によっては味気ないと感じる方もいたりしますから、さらに豪勢なデザインの仏壇のようなものも存在します。
また法事などで訪れる際には他の家族と顔を合わせなくとも済むようなシステムが施されている施設もあり、ベルトコンベア式に遺骨が運ばれてくるようなものもあります。

東京の納骨堂取得にかかる費用は数十万円程度である場合が多く、これは東京といったエリアで一般的なお墓を取得するのと比べるとかなり安価となります。
今後は集団就職等で東京にやってきた世代の高齢化がますます進んでいくことになり、納骨堂のような費用とスペースを抑えることのできる埋葬施設の需要は一段と高まっていくでしょう。

東京でも人気が高い納骨堂の特徴

いま、東京でも納骨堂というものがとても注目されています。
一般的な墓地は、もちろん都会にあるところもありますが、そういったところはかなり利用料金や管理費が高額になるという傾向があります。
代々利用しているということで、お持ちの方もいますが、これからお墓のことを考えようと思った時に、空きもあまりない状態ですので、他の方法を考えるということもあるでしょう。

そういった時の選択肢の一つとして、東京では特に室内型の納骨堂が注目されています。
室内型ですので、天気に関係なくお参りができますし、比較的都心でアクセスがしやすいところにもたくさんあります。
スペースが確保しやすいということもあり、その分利用料金や管理費などもお墓を持つということを考えますと、掃除や手入れなどをしなくても良いですし、安心して任せることができるということもあり、とても人気があります。
アクセスがしやすい分気軽にお参りに行くことができますし、掃除道具などを持参することもありません。

東京の納骨堂がたくさんあり、中には生前から予約ができるところもありますので、終活をされている方の間でも、自分の最後はここにしてほしいということで、残された家族のことを考えて契約をされている方も多いと言われています。
その際、夫婦、家族の分として、申し込むこともできます。
色々な事に対応してもらうことができますのでまずは一度見学にいってみて、その様子を見てみましょう。

高野山は真言宗の総本山金剛峯寺があります

高野山は、一般的に816年に空海により開基された東京の真言宗総本山金剛峯寺を中心とする宗教都市として、788年に最澄により開基された延暦寺を中心とする延暦寺と並び称されますが、比叡山延暦寺は1571年に織田信長により焼き払われています。
対して高野山は、1581年に織田信長軍数万の攻撃にさらされますが、1582年に本能寺の変により織田信長が亡くなり焼失する事無く現在に至っています。

空海は、九度山の雨引山麓に高野山の表玄関として慈尊院を816年に創建したとされ、真言宗総本山金剛峯寺の開基当時は7里四方が女人禁制とされており、空海は讃岐国多度郡から来た母阿刀氏に会う為に一月に9度下山していた事から九度山と名付けられたとされています。
又、関ヶ原の合戦に敗北した真田昌幸と真田幸村は、徳川家康に命じられ真田家ゆかりの真言宗の蓮華定院に蟄居したとされ、その後200人を超える家臣の為に九度山に移ったとされています。
2004年には、紀伊山地の霊場と参詣道としてユネスコの世界遺産に登録されています。

一般的に総本山金剛峯寺は、元々は一山境内地とされ高野山全体の総称されていましたが、現在では歴代の天皇の位牌が祀られている真言宗の座主の住寺を指しています。
高野山は、奥之院と壇上伽藍が二大聖地とされ、奥之院には皇室や公家に加え戦国武将上杉謙信や織田信長などの墓所や祈念碑、慰霊碑が20万基以上はあるとされ、弘法大師御廟は一の橋から参拝します。
壇上伽藍は、空海が曼荼羅図に基づいて創建された密教伽藍の総称として、根本大塔や金堂など19の建造物が建ち並んでいます。
他にも、大門や大師教会、徳川家霊台、金剛三昧院、山王院などがあり、宿坊に宿泊しゆっくりと散策すべきです。